作業ロスを低減する
作業ロスを低減する
多くの生産現場が「人手」に関するお悩みを抱えており、ひとことでは言い表せない複雑な状況や課題が山積しています。

自動化が進んでも、人の手によってしかできない作業は少なくなく、状況判断を要する複雑な作業やワーク量が少ない小規模なラインでは、たとえ大規模な工場であっても依然として作業者が投入されます。そしてコストとしての「人件費」を削減するためには、「ある工程の人員を1人以上減らす」ところまで達する、劇的な見直しを行わなければ効果につながりません。一方で、多品種少量生産を目指す工場では、生産性の低下を抑えるためにも作業者を必要な時に必要なところに投入できる、フレキシブルな体制が求められています。

こうした課題に立ち向かう第一歩として、これまで当たり前と思われていた作業のなかにひそむムダな作業を、しっかりロスとして認識し、軽減・排除していくことは大切です。その手段として、表面処理が活躍しています。また表面処理による作業改善によって、安全性の向上や、スキルによる成果のバラツキの均質化につながり、雇用においてもメリットがあります。


重労働の軽作業化
たとえば重機アームへの塗料のこびりつきを表面処理によって防止することで、もともとは2人で半日以上を要した塗料の洗浄(除去)作業を、1時間程度で、しかも以前より軽い力で可能になった例があります。

準備時間の短縮
エラストマーやゴム製品の搬送時のくっつき防止のため、生産のたびに離形スプレーを塗布している現場があります。表面処理なら長く効果が持続するため、毎回の塗布が必要なく、準備時間の短縮ひいては時間稼働率の改善につながります。

汚れの種類に応じた洗浄対策
洗浄や除去作業はありとあらゆる製造現場に存在しており、問題となる付着物・汚れのタイプもさまざまです。
樹脂やゴムを成形した際に発生する有機汚れ、金属紛やセラミック材料などの無機汚れといった違いに応じて、適切な表面処理を検討する必要があります。


品質・稼働安定化 交換・材料コスト低減 作業ロス削減 スピードアップ 安全性・環境条件対応 開発ニーズ実現

株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ