スーパーエンプラ物性表
スーパーエンプラ物性表
スーパーエンジニアリングプラスチックの一般物性データをPDF形式でご覧いただけます。


※このPDFファイルをプリントする場合は用紙設定を「A3横」にすることをおすすめします。
※PDF形式ファイルを見るには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 Acrobat Readerをお持ちでない方は、こちらからダウンロードできます。


【代表的なふっ素樹脂(テフロン™樹脂)およびエンジニアリング樹脂の特徴】

  • PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)
    ふっ素樹脂の中で最も多く生産される白色の結晶性樹脂で、耐薬品性や潤滑性に優れ、融点は327℃です。
  • PFA(テトラフルオロエチレン・パーフルオロビニルエーテル共重合体)
    PTFEの溶融粘度を下げて射出成形できるように開発された樹脂で、テトラフルオロエチレン(TFE)とパーフルオロビニルエーテル(PFVE)との共重合体で融点が290-310℃の半透明の樹脂です。耐薬品性、非粘着性に優れています。
  • FEP(テトラフルオロエチレン・ヘキサフルオロプロピレン共重合体)
    PFAより早く開発された溶融性パーフルオロポリマーで、TFEとヘキサフルオロプロピレン(HFP)との共重合体です。融点は265-275℃で低温の離型性に優れています。
  • PCTFE(クロロトリフルオロエチレン単独重合体)
    融点が210-215℃で透明で硬く、ガス透過性がふっ素樹脂の中で最も小さいです。
  • ETFE(テトラフルオロエチレン・エチレン共重合体)
    非常に加工性が良い樹脂です。融点は220-270℃でパーフルオロポリマーでないため、耐薬品性は少し低下します。
  • ECTFE(クロロトリフルオロエチレン・エチレン共重合体)
    加工性に優れ融点は230-250℃でETFEに比べ難燃性と硬さに優れています。
  • PVDF(フッ化ビニリデン単独重合体)
    フッ化ビニリデン(VdF)の単独重合体で、硬く、ふっ素樹脂のなかで最も誘電率が高く、高温で極性溶媒に溶解します。融点は170-175℃です。
  • PBI(ポリベンゾイミダゾール)
    樹脂のなかで最も耐熱性が高く、連続使用温度350℃で高温の潤滑用途などに使用されています。
  • PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)
    連続使用温度250℃の結晶性樹脂で、耐スチーム性、耐摩耗性を有します。
  • PI(ポリイミド)
    イミド結合を持つポリマーの総称ですが、通常は芳香族ポリイミドを指します。耐熱性が高く連続使用温度も260-300℃あり、電気特性も良いため電子関係で広く使用されています。
  • PAI(ポリアミドイミド)
    ポリイミドに次ぐ耐熱性(約260℃)があり機械的強度、耐薬品性、電気特性に優れていることから成形材料や耐熱性絶縁塗料に応用されています。
  • PES(ポリエーテルサルファイド)
    連続使用温度170℃の透明樹脂で、強靭な機械特性(耐クリープ、耐衝撃性)、耐薬品性、耐加水分解性などを有します。
  • PPS(ポリフェニレンサルファイド)
    連続使用温度200~240℃の熱可塑性結晶性樹脂で機械的強度が高く、寸法安定性、電気絶縁性、耐薬品性に優れます。
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ