テフロンTM加工、ふっ素樹脂コーティングの最適活用を実現する

株式会社吉田SKT 〜ふっ素樹脂(テフロン(R))コーティングと表面改質技術の専門メーカー
お問い合わせはこちらから

製品案内
機能性表面処理システム
各種表面処理
超薄膜コーテイング
(ナノプロセス®)
超耐久性ふっ素系有機
コーティングシステム
(バイコート®)
超耐久性ふっ素系有機
コーティングシステム
(バイコート®エクシード)
帯電防止テフロンTM
コーティング(セーフロン®)
耐浸透性PFA系ライニング
(MYライニング®)
ふっ素樹脂回転成形
ライニング(ロトライニング)
ガラス飛散防止用
ふっ素樹脂コーティング
(ノンスキャコート)
ハードシリコーン
コーティング(MRS)
粘着物離型コーテイング
(TP、CAT、CTT、スーパTP)
ふっ素系常温加工型
コーティング(セラシールドF)
有機無機複合コーティング
(セラシールド)
セラミックコーティング
(SGNコーティング)
 
取扱商品
用途から探す
機能から探す
 
ガラス飛散防止用ふっ素樹脂コーティング(ノンスキャコート)
ビーカーやフラスコなどのガラス器具、理化学機器に独自のふっ素樹脂コーティングを施すことによって、転倒・落下で破損した際のガラス飛散を防ぎ、現場の安全を守ります。
またガラス機器が割れても原形をとどめることで、中身の危険薬品や高額な医薬品原料が飛散する量を抑えられ、深刻な事故や損失につながるリスクを小さくします。
通常のふっ素樹脂コーティングよりも透明性が高いため、内容物の視認や計測のしやすさがコーティング前とほとんど変わりません。


※画面上の表示は、実際の見え方と多少異なる場合があります。


【ガラス飛散防止用ふっ素樹脂コーティング紹介動画】
特長・効果
  • 優れた密着性によるガラスの飛散防止、内容物の露出・減失の最小化
  • ふっ素樹脂コーティングとしては圧倒的な透明性
  • 酸やアルカリの薬品に侵されにくい*
  • 優れた引っ張り強度による長寿命
*一部例外あり
【従来のふっ素樹脂との特性比較 (当社比)】
※数値は実測値であり、保証値ではありません。
※実際の設計・仕様選定にあたっては、必ず当社までお問い合わせください。
飛散防止用ふっ素樹脂 従来のふっ素樹脂
可視光線透過率 95% 12%
密着性(kgf/cm) 8.0以上(破断) 1.0
引張強度(Mpa) 50 30
密着性は膜厚300μm狙いにて測定
おもな用途
  • 理化学機器(ビーカー、フラスコ、試験管、ビュレットなど)
主な採用先
  • 化学・薬品・食品関連企業の工場および研究部門
  • 試験・検査機関
  • 医療機関、福祉施設
  • 学校、大学
など


Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.