表面処理のご相談

【新開発】帯電防止コーティングの防汚性を高めたグレード

吉田SKTでは帯電防止タイプのテフロン™フッ素樹脂コーティング「セーフロン®」をお客様にご提供してきました。
さらに開発を重ね、帯電防止コーティングで低下しやすい防汚性(耐マジック評価)を大きく改善しましたのでご紹介します。

帯電防止フッ素樹脂コーティング(テフロン™コーティング)とは

フッ素樹脂コーティングやテフロン™コーティングは非粘着性、低摩擦性、耐薬品性、耐熱耐寒性、撥水性、電気絶縁性に優れる表面処理です。しかし、優れた電気絶縁性は静電気が発生する環境において、帯電しやすい性質があり問題を起こす場合があります。
帯電防止フッ素樹脂コーティングは、低い電気抵抗値を実現し、飛躍的に「帯電しにくい」塗装面をつくるコーティングシステムです。

セーフロンの効果

帯電とは

静電気は電荷が動けず静止して、正負の電荷が不均衡になっている状態で、この状態を帯電と言います。
フッ素樹脂は高絶縁体で静電気をほかに逃がすことができず帯電しやすい樹脂です。静電気は身近によく見られる現象ですが、発生原因が不明確で根本解決が難しい現象でもあります。
2種類の物質を相互に摩擦すると一方が【+】に、他方が【-】に帯電する「摩擦帯電」が一般的に良く知られていますが、ほかに「剥離帯電」、「誘導帯電」などがあります。

【帯電(静電引力)によるトラブル】
製品のはりつき、ごみの付着、メッシュやパイプの詰まり、繊維のからみなど
【帯電(放電)によるトラブル】
引火よる火災、電撃ショック、フィルムの感光、半導体の破損、装置の誤動作など

静電気トラブル

新開発セーフロン®とは

新開発のセーフロン®は、従来の製品と同等の漏洩抵抗値を維持したまま、帯電防止コーティングで低下しやすいマジック汚染評価で従来のセーフロン®よりも拭き取り性がよく、防汚性が向上しました。
また、新セーフロンではカラーリングが4種類あり、用途に合わせてご選択いただくことができます。

セーフロン®の各グレード

現行製品と開発品セーフロン®の耐マジック汚染比較

◆評価方法
1、各マジックでテストピース上にラインを書く。(3往復)
2、室温で10分間放置。
3、不織布でマジックのラインを10往復、空拭きする。
4、テストピース上のマジックの残り具合を確認する。

対マジック汚染評価基準

ブランク SUS304 2B

セーフロンマジック汚染比較SUS304

現行品 セーフロン® YE-702

セーフロンマジック汚染比較YE-702

開発品 セーフロン® YE-GY123A

セーフロンマジック汚染比較YE-GY123A

開発品 セーフロン® YE-WH124B

セーフロンマジック汚染比較YE-WH124B

現行製品と開発品の物性比較表

種類セーフロン®開発品 セーフロン®
仕様品番YE-702YE-GY123A
膜厚30-60μm30-60μm
漏洩抵抗値(25V)104-105Ω104-105Ω
表面抵抗率(10V)105-06Ω/□105-106Ω/□
体積抵抗率(10V)106-107Ω・cm106-107Ω・cm
鉛筆硬度HBF
接触角 H₂O105-115105-115
接触角 nHD45-5545-55
防汚性(耐マジック評価)◎◎

※基材:SUS304
※数値は実測値であり、保証値ではありません。
※実際の設計・仕様選定にあたっては、必ず当社までお問い合わせください。

開発品セーフロン®の特長・効果

  • 優れた帯電防止性
  • 防汚性
  • 防汚性
  • 用途で選べる豊富なカラー(ブラック、グレー、グリーン、ホワイト)

セーフロン®製品ページはこちら。