表面処理のご相談

はじめてのテフロン™コーティング導入 ~こんなお困りごとはありませんか~

生産設備へのテフロン™コーティング導入を、お客様やユーザーから依頼されたり、上司から指示されたりして検討に迫られる、ということがあります。
ところがテフロン™コーティングの検討が不慣れで、こんなお悩みをお持ちの方も少なくありません。

「何から始めてよいかわからない……」
「そもそもテフロン™コーティングのことがよくわからない……」

そこで今回は、テフロン™コーティング導入をスムーズに進めるための「3つのチェックポイント」を公開します。
実際にいただいた次のご相談をもとに、ご説明していきます。

ご相談内容】
塗装治具に付着した塗料の清掃に手間がかかるので、テフロン™コーティングを導入して改善したい

チェックポイント①
テフロン™コーティングを導入する目的はなんですか?

テフロン™コーティングとは、「テフロン™フッ素樹脂」をさまざまな部材の表面に加工することで、その特性を与える技術です。
テフロン™フッ素樹脂にはさまざまな特性があります。
そのため私たちコーティングメーカーは、お客様からコーティング導入の目的や現在のお困りごとなどをお聞きしたうえで、必要な特性はなにか、それを引き出すコーティング仕様をどうするかを考えていきます

代表的なテフロンフッ素樹脂の特性
代表的なテフロン™フッ素樹脂のなかから、必要な特性を発揮するコーティング仕様をご提案します。

今回のご相談でお客様から聞き取りした内容

(1)コーティング導入の目的

部品の塗装工程で使用する治具に塗料が付着するのを防止したい

(2)現在のお困りごと

治具に塗装時の塗料が固着・堆積し、生産部品を汚してしまう。
定期的に治具の清掃を行うが、固着した塗料の除去作業に大変な労力と手間がかかる。

チェックポイント②
コーティングをしたい対象の材質はなんですか?

ご相談の例では、コーティング対象は塗装治具で、その材質は鉄でした。
一般的なテフロン™コーティングの加工工程では、高温での焼付工程があります。そのため、焼付温度に耐えられる材質である必要があります

※上記の加工方法はあくまで一般的なものです。
※さらに詳しい加工工程はこちら

吉田SKTでは、金属以外にもセラミックやガラス、ゴム、樹脂などさまざまな材質への加工実績があり、また低温や常温で加工できるコーティングも取りそろえています。
コーティングを施したい対象物の材質や形状についてご心配な場合も、お気軽にご相談ください。

チェックポイント③
ご使用環境や条件はどのようなものですか?

実は…フッ素樹脂コーティングは万能ではなく、使用する環境によって向き不向きがあります。
それを解消するために、吉田SKT ではコーティング導入の目的やお困りごとと併せて、ご使用環境をお聞きすることで、より適切なコーティング仕様(組み合わせ)を選定しています。

例えば、今回のご相談(塗料の付着を防ぎたい)の場合は……

確認させていただきたいご使用環境

■現状について

現在塗料の付着防止のために、何か対策をされていますか?

■使用条件

相手材(塗料)の詳細情報。エポキシ系やアクリル系など
※「相手材」とは、コーティング面と接触し、コーティングの効果をその接触面に与えたい対象のことです。

■使用温度

塗料の乾燥(焼付)温度など

■清掃方法

たわしやスクレーパーの使用や、溶剤等を使用しているなど

以上のようなご質問を担当営業員からお尋ねする場合があります

いかがでしょうか?
吉田SKTはお客様によって異なるこうした情報やご要望をもとに、これまで培ってきたノウハウを最大限に活かし、さまざまなコーティングをご提供しています。

その結果、お客様から…
「塗料が塗装治具へ付着しづらくなった」「塗装治具に固着した塗料が取れやすくなった」「コーティングのおかげで清掃時間が短縮でき、不良品が減るだけなく、部品の生産効率も向上した」
といった声をお聞きしています。

自社の生産設備や新製品へのテフロン™コーティングの導入をご検討の方や、お客様からテフロン™コーティングについてのご相談をお受けになられる方は、ぜひお問い合わせください。

この記事の内容をまとめた資料はこちらからダウンロードいただけます。