コーティング性能測定サービス
コーティング性能測定サービス
「実際の製造現場や設備で使用する前に効果を確かめたい」
「複数のコーティングを比較検討したい」
そんなニーズにお応えするため、吉田SKTではコーティング面の測定も承ります。

離型力の測定

撥水・撥油・滑落角の測定

すべり性(摩擦係数)の測定



離型力の測定

テープ離型力測定

コーティング面へ粘着テープを貼り付け、はがす力を測定することで、はがれ具合を確認できます。
──テープ離型力からわかること──

ラベルやテープを搬送する設備の場合、ラベルを一時置きする台やチャック爪にラベルの付着、テープの付着を防ぐためコーティングが有効です。お客様でお使いのラベルやテープの粘着具合はさまざまです。実機でのテストの前にコーティングを比較することでスムーズな実機テストを行うことができます。
くわしくはこちら

溶融樹脂シート離型力測定

溶融した樹脂シートとコーティング面の離型力を測定し、コーティングへのはがれ具合を確認できます。
──溶融樹脂シート離型力からわかること──

熱溶着のシーラーやヒータープレートなど樹脂を溶着させる場合、シーラーやヒータープレートへの樹脂の付着が問題になる場合があります。コーティングにより樹脂の付着を防止したい時、コーティングと樹脂のはがれ具合を事前に確認することでスムーズに実機テストを行うことができます。
くわしくはこちら

溶融樹脂ペレット離型力測定

溶融した樹脂ペレットとコーティング面の離型力を測定し、コーティングへのはがれ具合を確認できます。
──溶融樹脂ペレット離型力からわかること──

樹脂を成形する際、金型や押し出し機への樹脂のくっつきが生産効率を悪くしたりトラブルの原因となる場合があります。くっつきを防ぐため表面処理を行うことは有効な手段です。しかし、樹脂や添加剤は製品によりさまざまなものがあり、最適な表面処理を選ぶことが難しいことがあります。お客様でお使いのペレットを使用して、コーティングとの付着具合を確認することで実機テストをスムーズに進めることができます。
くわしくはこちら
撥水・撥油・滑落角の測定

撥水・撥油・滑落角測定

コーティング面に液体を滴下し、その角度を測定。弾き具合を知るための指標となります。
──撥水・撥油・滑落角からわかること──

水や油の貯蔵設備やスラリー状の材料を使用する場合、液切れや防汚を目的として表面処理が有効な手段となります。液体の表面張力と、表面処理の表面エネルギーにより、液体の弾き具合や濡れ具合などは大きく変化します。撥水・撥油・滑落角を測定することで、液体と表面処理の相性を把握し、スムーズな実機テストを行うことができます。
くわしくはこちら
すべり性(摩擦係数)の測定

摩擦係数測定

コーティング面の静摩擦係数を測定します。
──摩擦係数からわかること──

材料や製品の搬送装置では、材料のつまりや製品の滞りによるトラブルが発生する場合があります。表面処理を行うことで、スムーズな搬送を行うことができるようになります。すべり性は、材質や形状など多くの要素により変化しますが、すべり性の参考として摩擦係数を測定することで、コーティングと材料のすべり性を確認することができます。
くわしくはこちら

測定サービスお問い合わせ
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ