表面処理でできること
表面処理でできる生産設備の改善とは
表面処理では、金属やセラミックス、樹脂などの部材表面に望ましい機能を与えることで、生産設備の課題をクリアーしたり、コストダウンなどのメリットを得ることができます。手段としてはコーティング、メッキ、アルマイト処理をはじめさまざまな種類があり、付与したい機能や対象物の材質などによって選定されます。
しかし表面処理は一般的に知られた機能にとどまらず、調整によって機能を適合させることも可能です。そのため、機能(非粘着性、すべり性など)から選定するまえに、以下のような目的に立ち返って探していただくと、お客様のご要望や求める条件により近い表面処理(コーティング)が見つかることがあります。


解決したいお悩み、実現したいこと(表面処理の目的)
※クリックで詳しい解説ページにリンクします。
表面処理で叶えたい機能、必要な機能
目的を踏まえ、次のような具体的な機能に落とし込みます。
非粘着性 すべり性 耐薬品性
耐熱性/耐寒性 撥水・撥油性 ●親水性
耐摩耗性 電気特性 帯電防止性
●耐候性 ●寸法安定性 ●コーティング面粗さ調整

たとえば品質・稼働安定化のために、設備への材料の付着を抑える「非粘着性」を求めるといったように、必要な機能をはっきりさせます。
ただし現場で求められる機能は、ひとつではなく複合的に関わり合っています。ほしい効果を最大化するためには、広い視野での技術的な検討を経て、最適にカスタマイズされた表面処理にたどりつく必要があります。



フッ素樹脂コーティング(テフロン™コーティング)全般
主なオリジナル
コーティング
バイコート®バイコート® エクシードナノプロセス®MRSコーティングTP、CTT、スーパーアロイ、CAT、CMTスーパーTPグラフィックFSRコーティングセーフロン®セーフロン® AP+MYライニング®ノンスキャコートSGNコーティングPBI、PI コーティングセラシールドセラシールドF
主な使用材料 ●フッ素樹脂 ●シリコーン ●セラミック ●ウレタン ●スーパーエンプラ(PI/PEEK/PBI)ほか


吉田SKTは、塗膜の幅広い材料と、独自の技術などによるさまざまな処理方法をふまえて、最適な表面処理をご提案します。
フッ素樹脂コーティング(テフロンTMコーティング)で思うような効果が得られないケースなどは、その原因を探り、適切な機能が付加された処理を導き出します。
これによって、お客様が抱えていた生産現場のお悩みを解決し、実現したかった理想の状態へと近づけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ