FSRコーティング
FSRコーティング
フロロスーパーリリース



概要
離型性と「熱時硬度」を兼ね備えた、ふっ素系離型用コーティングです。
ふっ素樹脂のなかで、PFAやFEPは溶融樹脂の離型に優れた効果を発揮しますが、使用温度が高くなると塗膜が柔らかくなり、使用できないことがあります。また、PTFEは熱がかかった際の硬度低下は低いものの、PFAやFEPに比べて離型しにくい場合があります。
フロロスーパーリリースは、PFAやFEPなみの離型性に加え、200℃以上での使用に耐える優れた熱時硬度を実現しました。


特長・効果
  • 溶融樹脂に対する優れた離型性
  • 高温条件でも衰えない離型効果

計測データ
【ふっ素樹脂と各種FSRコーティングの「鉛筆硬度」「テーパー摩耗量」の比較】
※数値は実測値であり、保証値ではありません。
※実際の設計・仕様選定にあたっては、必ず当社までお問い合わせください。
測定項目 ふっ素樹脂
PTFE
ふっ素樹脂
PFA
HR-110R HR-372AP
鉛筆硬度(RT) 傷付き 4B 4B 4B 4B
破れ 2H 2H 2H 2H
鉛筆硬度(200℃) 傷付き <6B <6B <6B <6B
破れ 4B 6B 2B 6B
テーバー摩耗量(mg) 13.1 20.0 17.2 20.6

【高温条件でのPP離型性テスト】
ふっ素樹脂PTFE、PFA、または各種FSRコーティングを加工して試験温度まで温めたサンプル上に、短冊状のPPシート(20x10x1t)を一定時間荷重をかけて接触させた後、PPシートを引っ張り上げてはがしてから溶融PPの付着の有無を確認しました。

(試験状況)
試験温度 210℃ 220℃ 230℃ 235℃ 240℃
荷重接触時間 2秒 2秒 1秒 1秒 1秒



※数値は実測値であり、保証値ではありません。
※実際の設計・仕様選定にあたっては、必ず当社までお問い合わせください。


おもな用途
熱溶着冶具(熱板、熱溶着型)

当社加工品のお取り扱いについて


株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ