表面処理のご相談

PFAコーティングの基本的な性質や用途について解説

PFA(パーフルオロアルコキシアルカン)コーティングは、耐熱性、耐薬品性、そして優れた非粘着性を与える「フッ素樹脂コーティング」の一種であり、その多様な特性のため、幅広い工業用途に採用されています。
この記事では、PFAコーティングの基本的な特徴、主な用途、加工方法について、他のフッ素樹脂コーティングとの比較も交えて解説。PFAコーティングが、特に要求が厳しい環境でも選ばれている理由が分かります。さらに、PFAコーティングのメンテナンスの重要性とその耐久性についても触れ、皆様がこの高性能コーティングを理解し、最適な用途を見極めていただけるような情報を提供します。

PFAコーティングとは

PFAコーティングとは、パーフルオロアルコキシアルカン(PFA)と呼ばれるフッ素樹脂を使用したコーティングです。PFAは、テトラフルオロエチレン(TFE)とパーフルオロアルキルビニルエーテル(PFVE)の共重合体です。溶融粘度が低く、厚膜加工が可能で、さまざまな塗装技術により複雑な形状の製品にもコーティングを施すことができます。PFAコーティングは、PTFEの優れた特性に加え、厚膜加工によりピンホールが少ない、高い防食性をもったコーティングが可能です。

関連記事:PFAとは?特徴・分子構造・成形方法について詳しく解説

PFAコーティングの特性

高い耐熱性

PFAコーティングは、連続使用温度260℃と高温環境下でも劣化しにくい高い耐熱性をもちます。そのため高温環境で使用される製品に適しています。

優れた耐食性

PFAコーティングは、ほとんどの酸、アルカリ、溶剤に対して優れた耐性を示します。強酸や強アルカリにも耐えられるため、腐食性物質を取り扱う環境での表面保護に最も適するフッ素樹脂コーティングといえます。

関連記事:PFAライニングにはどんな種類があるの?加工方法の違いや特徴を解説

非粘着性と低摩擦性

PFAコーティングは、非常に低い表面自由エネルギーを持つため、優れた非粘着性を示します。また、摩擦係数も低く、滑り性に優れているため、食品や薬品などが付着しにくく、汚れが落ちやすいという特徴があります。

電気絶縁性

PFAコーティングは、優れた電気絶縁性を持ち、高い絶縁耐力を示します。そのため、電子部品や電気機器など、電気絶縁性が求められる用途に適しています。

特徴(機能)ごとに特化したコーティングをお探しの方は、ぜひおすすめリンクをご参照ください。

PFAコーティングの用途

食品加工分野での利用

食品加工業界では、生産性の向上や衛生面への配慮から、PFAコーティングが広く採用されています。食品加工機器の表面にコーティングすることで、食品の付着や汚れを防ぎ、洗浄を容易にすることができます。また、PFAコーティングは、種類によってはFDA(米国食品医薬品局)の規格や2020年6月施行のPL制度にも適合しており、食品に直接触れる用途にも安心して使用できます。

化学工業分野における使用

化学工業において、PFAコーティングは、その優れた耐薬品性から、反応容器、配管、バルブなどの表面保護に広く利用されています。強酸、強アルカリ、溶剤などの腐食性物質から設備を保護し、設備の性能維持に大きく貢献します。

半導体分野

半導体分野において、PFAコーティングは、優れた耐薬品性に加えて、極めて不純物の溶出が少ない純粋性をもつことから半導体製造装置などで広く利用されています。精密化が進む半導体分野において、金属コンタミ(異物混入)のリスクが少ないPFAコーティングは、製品の品質向上や歩留まりに大きく貢献します。

一般工業分野への適用

PFAコーティングは、一般工業の分野でも幅広く利用されています。例えば成形金型の離型性向上やヒートシーラーの付着防止、オイルパンやインクパンの洗浄性向上、押出スクリューの付着防止など、さまざまな工業分野で利用されています。

PFAコーティングの加工方法

加工工程

PFAコーティングの加工工程

コーティングの手法

PFAコーティングの加工方法には、スプレー塗装や粉体塗装などの方法があります。

スプレー塗装

スプレーコーティングは、PFAの塗料をスプレーガンで塗装する方法です。

粉体塗装

粉体塗装は、PFAの粉体塗料を静電塗装機などで吹き付ける方法です。

関連記事:フッ素樹脂コーティング(テフロンコーティング)の方法、加工工程

PFAコーティングのメンテナンスと寿命

定期的な検査とメンテナンス

PFAコーティングは、非常に耐久性に優れたコーティングですが、長期間の使用によって、摩耗や劣化が生じることがあります。定期的な目視検査などを行い、コーティングの状態を把握することが重要です。

コーティングの寿命と交換時期

PFAコーティングの寿命は、使用環境やメンテナンス状況によって異なります。コーティングの性能が低下した場合や、損傷が確認された場合は、再コーティングまたは製品の交換が必要です。

PFAコーティングのメリットとデメリット

PFAコーティングは、耐熱性、耐薬品性、非粘着性、電気絶縁性など、多くの優れた特性を持つコーティングです。食品加工分野、化学工業分野、一般工業分野、半導体分野など、さまざまな分野で利用されています。一方、PTFEコーティングと比較して、溶融粘度が低いため高温下での硬度低下がデメリットとして挙げられます。

高温でも硬度が衰えにくいコーティングは、こちらのリンクを参照ください

まとめ

PFAコーティングは、材料、膜厚、加工方法違いなどで多くの種類があり、さまざまな用途や環境でご使用いただけます。使用する条件に合った製品やコーティングを適切に選ぶことでより長い期間お使いいただけます。PFAコーティングをどのように選べばよいのかわからない時やお探しの製品が見つからない場合は吉田SKTまでお問い合わせください。

吉田SKTは、お客様の独自のニーズに対応するため、PFAコーティングを始め、幅広い基材にマッチする多様なコーティングと表面処理ソリューションをご提供します。