テフロンTM加工、ふっ素樹脂コーティングの最適活用を実現する

株式会社吉田SKT 〜ふっ素樹脂(テフロン(R))コーティングと表面改質技術の専門メーカー
お問い合わせはこちらから

表面処理技術まるわかり
ふっ素樹脂の特徴
表面処理技術TOPへ戻る 表面処理技術でできること 最適な表面処理とは? ふっ素樹脂の特性
工業向けコーティング材料として、もっとも広く活躍しているふっ素樹脂(テフロンTM)の特性についてご説明します。

安定した構造について
ふっ素樹脂とは、炭素原子にふっ素原子が結合したかたちの有機化合物です。ふっ素原子には炭素原子との結びつきが強いという性質があり、ふっ素樹脂は他の化合物とくらべ、化学的に安定した構造となっています。

おもな種類
分子構造のちがいによって、PTFE、FEP、PFAなどの種類があり、性質が異なります。
 →各種類については、こちらでくわしくご説明しています >>

ぬれない、くっつかない【非濡性・非粘着性】
水や油をはじき、粘着性のあるものでも付着しにくく、付着しても離れやすい性質があります。テフロンTMコーティングのフライパンなどでよく知られています。
 →非濡性・非粘着性を活用するコーティングはこちら >>

電気をさえぎる【優れた電気特性】
電気抵抗率が高く電流をさえぎるため、電気絶縁コーティングとして活躍します。ほかの樹脂にくらべ耐アーク性に優れ、さまざまな電気的な環境において安定しています。
 →優れた電気特性を活用するコーティングはこちら >>

薬品で変質しない【耐薬品性】
酸やアルカリなどの化学薬品に侵されたり、変質したりすることがほとんどありません。化学プラントや貯蔵タンクといった設備の耐食に大きな効果をあげます。
 →耐薬品性を活用するコーティングはこちら >>

すべりが良い【低摩擦性】
摩擦係数が低いため、コーティングすることで、基材にすべりの良さを与えます。おもに機械や部品の潤滑性を高め、スムーズな稼動を促すのに利用されます。
 →低摩擦性を活用するコーティングはこちら >>

熱にも低温にも強い【耐熱性・耐低温性】
樹脂のなかでは驚異的な耐熱性をほこり、260℃という高温下でも使用できます。また低温にも強く、-260℃に耐えます。ほかの樹脂コーティングが難しいとされる温度環境で活躍します。
 →耐熱性・耐低温性を活用するコーティングはこちら >>

硬くて磨耗しない【耐摩耗性・高硬度】
めっき、アルマイト処理などの金属表面処理とふっ素樹脂の組み合わせは、金属が持っている高硬度性とふっ素樹脂の持っている潤滑性とが上手くマッチし、硬さと優れた耐磨耗を実現します。

紫外線に強い【耐候性】
ふっ素樹脂はふっ素と炭素の結合が強く紫外線によって劣化することはありません。この性質を利用し、ふっ素の含有量の比較的小さいPVdFや溶剤溶解性ふっ素塗料が屋外塗料として広く用いられています。

Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.