M-PTFE パイプライナー
M-PTFE パイプライナー



概要
M-PTFEパイプライナーは変性PTFEで特殊成形されているパイプで主に金属配管の内面をライニングするためのライナーとして使用されています。


特長・効果
  • 特殊製法によりパイプ内外面には残留応力が残っていません。
  • 径方向、長さ方向の物理的・機械的強度は均等に仕上がっております。
    ⇒高温環境による組み付け、高温使用に有利です。
  • 約6mの長さで制作が可能なため、より少ないフランジ接続が可能で組み付け効率が向上します。
  • パイプライナー用途品ではありますが通常のパイプとしてもご利用いただけます。

仕様
口径 15A~300A
厚み 標準タイプ:3.05mm~3.18mm
厚肉タイプ:3.5mm~11mm
長さ 6.1~6.2m
※海外製品のため鋼管規格はANSI/ASME(B36.10)に準拠して
 おります。JISではございませんのでご留意ください。


カタログダウンロード
M-PTFE パイプライナー


メーカー紹介
<Allied Supreme corp.>
  • 台湾台北市に本社を置くふっ素樹脂製品製造メーカー
  • 1981年9月創立
  • 90年代以降台湾の半導体産業の成長とともに半導体向けのふっ素樹脂製品の製造に力を入れる。
  • ふっ素樹脂ライニングをされたUN認証の国際海上輸送コンテナ(ISOコンテナー)を製作することができる世界でも数少ないメーカーの一つ
  • 台湾台中の彰化県と中国浙江省嘉興に工場を保有。
  • 当社と同じくデュポン社(現ケマーズ社)の台湾における指定工場でもある。




株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ