CTT ファブリックシート
CTTファブリックシート
粘着物離型シート



概要
製造・搬送ラインにおける粘着物の付着防止に。凸凹構造とシリコーン材がベタベタ粘着物の付着防止に効果を発揮します。 裏面に糊が付いているので、透明フィルムをはがして貼るだけで、優れた粘着防止効果を与えることができます。粘着物が触れてもサッと離れ、スムーズな工程を維持します。

アルミ板にべったりくっつく粘着物も、CTTファブリックシートを貼った箇所ではさらりと離れます。


特長・効果
  • シリコーンコーティングを上回る非粘着性
    ◎効率の良い生産ラインを維持しロスを軽減
    ◎付着残存物をなくし機械の故障・トラブルを防止
    ◎防汚効果で器具・機械のメンテナンス負担を軽減
  • 高温でも衰えにくい非粘着(離型)性
    ◎100℃を超える高温下での使用も安心
  • すぐれた耐熱性・耐久性
    ◎高温下でも、接着面がはがれにくく安心

【粘着物離型コーティングの特性比較】
※数値は実測値であり、保証値ではありません。
※実際の設計・仕様選定にあたっては、必ず当社までお問い合わせください。
試験用粘着剤 単位 CTT
ファブリック
シート
シリコーンゴムシート CTT-200
コーティング
PFA
コーティング膜
SUS304
2B 材
硬度40° 硬度60° 硬度80°
リンレイテープ(株)
布テープ(No.357)
N/cm 0.043 0.044 0.141 0.644 0.052 2.974 5.051
(株)寺岡製作所
両面テープ(#718)
N/cm 0.144 0.247 0.850 1.193 0.194 6.153 7.780
測定方法/粘着テープを貼り付け、ゴムローラで隙間なく圧着後、90°の剥離粘着トルクを測定
測定条件/温度:23℃ 測定速度:10mm/min


【耐熱試験(離型性(粘着トルク))】
※数値は実測値であり、保証値ではありません。
※実際の設計・仕様選定にあたっては、必ず当社までお問い合わせください。
試験用粘着剤 単位 常温 160℃ 180℃ 200℃ 備考
リンレイテープ(株)
布テープ(No.357)
N/cm 0.043 0.044 0.034 0.032 離型性の変化なし
(株)寺岡製作所
両面テープ(#71)
N/cm 0.144 0.146 0.212 0.222 180℃から若干離型性低下
(VMQ40°並)
離型性低粘着物 常温≒160℃~200℃ 高粘着物 常温≒160℃<180℃≒200℃
低粘着物については200℃までの連続使用可能
高粘着物については160℃までの連続使用可能180~200℃については離型性が若干低下するので使用時に注意が必要
測定方法/熱処理(各温度で連続64時間加熱)後、粘着トルクを測定


【耐熱試験(シート耐久性)】
※数値は実測値であり、保証値ではありません。
※実際の設計・仕様選定にあたっては、必ず当社までお問い合わせください。
シート物性 単位 常温 160℃ 180℃ 200℃ 備考
裏面粘着力 裏面粘保持率 159 247 260 温度が高く時間が長いほど
粘着力が増加
ファブリック基材 強度保持率 70 81 82 温度による劣化は少ない
変色 × 温度による劣化は少ない
変色 ○ほとんどなし △薄茶 ×茶色
測定方法/熱処理(各温度で連続64時間加熱)後、裏面粘着力・基材強度・変色の度合いを測定


【CTTファブリックシートおよびスーパーCTTのグリップ性比較
CTTファブリックシートおよびスーパーCTTは、柔らかい不織布に対してはシリコーンゴム成型品並みのグリップ性を、硬い基材に対してはシリコーンゴム成形品より優れた潤滑性を有します。
※数値は実測値であり、保証値ではありません。
※実際の設計・仕様選定にあたっては、必ず当社までお問い合わせください。


おもな用途
粘着テープ・ラベル・シール等製造ライン
コールドグルー・ホットメルト・各種接着剤使用ライン
未加硫ゴム・生ゴム搬送ライン
ラベル・シール包装ライン
食品類の搬送加工・焼成ライン


カタログダウンロード
CTT ファブリックシート

株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ