テフロンTM加工、ふっ素樹脂コーティングの最適活用を実現する

株式会社吉田SKT 〜ふっ素樹脂(テフロン(R))コーティングと表面改質技術の専門メーカー
お問い合わせはこちらから

製品案内
機能から探す
製品一覧
各種表面処理
機能性表面処理システム
取扱商品
用途から探す
機能から探す
 
非粘着・離型性に優れた表面処理
離型性に優れた表面処理により、生産効率の向上、製品品質の安定性等を可能にする吉田SKTの商品をご紹介します。
高粘着物の付着防止
粘着テープや接着剤、溶融した樹脂、樹脂塗料といった、とくに粘着性の強いものに対する付着防止対策もお任せください。吉田SKTでは、一般的なコーティングでは十分な効果が得られない可能性のある強力な粘着物に対しては、構造的にも材料的にも「非粘着性」を極めた独自の製品をご用意しております。

おすすめする表面処理
離型性・精密性 (精密部品、精密金型)
ふっ素樹脂はテフロンTMコーティングのフライパンから知られるように、ぬれない・くっつかないという水や油をはじく素材として知られています。ふっ素樹脂の水での接触角は100度以上、n-ヘキサデカンでも40度以上の高い接触角をもっています。このような特性から、水や油などの液体の撥水・撥油性を必要とされる場合、さらには撥水剤としてシリコーンをご利用できない場合にはふっ素樹脂コーティング・表面処理を推奨しております。
また、従来のコーティングでは精度等に問題が生じる場合や樹脂コーティングによる着色を敬遠される場合には、超薄膜コーティング(ナノプロセス)をご提案しております。

おすすめする表面処理
離型性・高硬度・寸法安定性 (耐久部品、金型)
「非粘着性」とは付着性の強い粘着物に対しても離型しやすく、付着しないか、または付着しにくい性質のことを指します。ふっ素樹脂は撥水性・撥油性に優れ、接触角が高いことに加え、その分子構造から表面がぬれない性質をもっています。この表面がぬれない性質をはかる尺度「臨界表面張力(γc)」がふっ素樹脂は極めて小さいことから液体がはじきやすく、ぬれにくくなります。このため、ふっ素樹脂コーティングは「非粘着性」に優れており、離型用途や付着を敬遠される御用途、清掃の簡便化に効果を発揮します。

おすすめする表面処理
代表的なふっ素樹脂・テフロンTM及びほかプラスチックの特性一覧
特性 単位 PTFE PFA FEP ETFE シリ
コーン
樹脂
ポリ
エチ
レン
ナイ
ロン
6.6


(蒸留水) θ/度 114 105-110 115 96 90-110 88 27
(n-ヘキサデカン) θ/度 34-45 >45 41-45 28       
臨界表面張力(γc) dyn/cm 18.5 17.8 17.8 22.1   31 46
水との
接着エネルギー
dyn/cm 43.1 42.0 42.0 61.4 47.8

72.7
75.2 97.7
注:( )内は試験条件
<< 機能一覧に戻る


Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.