テフロンTM加工、ふっ素樹脂コーティングの最適活用を実現する

株式会社吉田SKT 〜ふっ素樹脂(テフロン(R))コーティングと表面改質技術の専門メーカー
お問い合わせはこちらから

製品案内
機能から探す
製品一覧
各種表面処理
機能性表面処理システム
取扱商品
用途から探す
機能から探す
 
摺動・すべりに優れた表面処理
製品のスムーズな動き、すべりやすさを与える吉田SKTのコーティング・表面処理をご紹介します。
摺動・低摩擦性
ふっ素樹脂、特にテフロンTMの代表格でもあるPTFEは摩擦係数が低く、静摩擦係数は動摩擦係数よりも小さい為スティックスリップ現象を起こさず滑らかに滑ります。
静摩擦係数は、荷重が大きいほどまた温度が高いほど低下するため、そのような過酷な環境での摺動用途に最適なコーティング素材です。
特に強い耐磨耗性を併せて必要とされるお客様には下地にNiやCr合金、セラミック等の溶射処理を行なうことも可能です。
耐摩耗性・高硬度
従来のふっ素樹脂などの有機系コーティングでは得られなかった高度の耐摩耗性および耐熱性が必要とされる条件下での潤滑性、非粘着性などが必要とされる環境においては、超耐久性ふっ素系有機コーティングシステム「バイコート(BICOAT)」が最適です。さらに高硬度を必要とする条件(例えばHv1500以上)でのご用途では、CVDやPVD、DLC処理等のドライプロセスについてもお取扱しております。
また、併せて摺動特性や滑り性などをご要求される場合も是非吉田SKTにご相談下さい。

おすすめする表面処理
高電荷保持性
高分子に静電気を恒久的に帯びさせ、電位の違いを利用した物質としてエレクトレットがあります。
ふっ素樹脂は高絶縁性(高抵抗率)と極めて低い誘電正接tanδをもつ高機能素材であるため、高周波に対しても熱エネルギーの発生が少なく、エレクトレット材料として最適です。
吉田SKTでは携帯電話などの電子部品にふっ素樹脂の高電荷保持性を利用したエレクトレット用コーティングも行っております。
代表的なふっ素樹脂・テフロンTMの特性一覧
特性 単位 試験法 PTFE PFA FEP
JIS 対応ISO ASTM


引張強さ MPa K7162 527 D 638 20
|
35
25
|
35
20
|
30
伸び % K7162 527 D 638 200
|
400
300
|
350
250
|
330
圧縮強さ MPa(10%変形) K7181 604 D 695 10
|
15
15
|
20
14
|
19
アイゾット
衝撃強さ
J/m K7110 180 D 256 150
|
160
破壊
せず
破壊
せず
ロックウェル
硬さ
(Rスケール) K7202 2039 D 785 R 20 R 50 R 50
ショアー硬さ (Dスケール) K7215 2039 D 2240 D50
|
55
D62
|
66
D60
|
65
曲げ弾性率 GPa K7171 178 D 790 0.53
|
0.58
0.54
|
0.64
0.55
|
0.67
引張弾性率 GPa K7162 527 D 638 0.40
|
0.60
0.31
|
0.35
0.32
|
0.36
動摩擦係数 (0.69MPa,3m/min) K6935 - D 1894 0.1 0.2 0.3
摩耗抵抗 テーバー磨耗
(mg/1000回転)
CS17 1Kg荷重
K7204 - D
|
1044
10
|
15
15
|
25
20
|
35
<< 機能一覧に戻る


Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.