テフロンTM加工、ふっ素樹脂コーティングの最適活用を実現する

株式会社吉田SKT 〜ふっ素樹脂(テフロン(R))コーティングと表面改質技術の専門メーカー
お問い合わせはこちらから

解決ストーリー
加硫前ゴムの搬送治具への付着防止

──スプレー作業から解放され、処理の持ちも良く経済性アップ


※図はイメージであり、実際の工程とは異なります。

熱で軟らかくなったゴムが搬送ロールに付着
クルマのドアや窓の隙間を埋める、チューブ状のゴム製パーツ「ウェザーストリップ」。この製造工程では、押出成形されたゴムをロールで搬送しながら炉内で加熱・乾燥させていました。
最近、環境対策と耐久性のためゴム材料の配合が変更になったところ、以前より高温で処理しなければならず、炉に入った直後のゴムがべとつくようになりました。搬送ロールにゴムがくっつくと搬送の流れが悪くなり、ひどい時には巻きつきが起こり、ラインを一時ストップすることさえありました。これまで問題なく製造できていた設備を大きく変えることはできず、ひんぱんに離型スプレー剤を塗布したり掃除することでなんとか生産を続けていました。


接触面積のコントロールで粘着を防止
物と物は接触面積を減らすことでくっつきにくくできるケースがあります。この事例では、搬送ロールに平たんなふっ素樹脂コーティングをした場合には、ゴムが吸盤のようにペッタリくっついてしまうことが確認されました。
表面処理によって接触面積を減らすには、一般的には下地に機械加工、ブラスト、溶射などにより凹凸を付け、その上から離型材料を塗布する方法がとられます。当初はその方法でテストピースを作ってみたところ、その凸面は硬くギザギザと鋭く感じられました。それで懸念されたのは、この凸面が軟らかいゴムに転写され、製品不良につながってしまうことでした。
そこで当社は、凸形状そのものをふっ素樹脂で形成する特殊な技術をご提案。ゴムのくっつきを大きく軽減しながら、丸みのある凸面で、当たりが比較的軟らかい接触面を実現しました。

長くくっつきを防止し、メンテナンスが激減
接触面積を減らす従来のコーティングは、下地処理などで凹凸を付けるため、接触面のコーティングが摩耗した場合に下地基材が露出することになり、ゴムがくっつき始めるまでの寿命が短いという問題がありました。一方、採用された処理では凸形状そのものをふっ素樹脂で形成。接触面のコーティングが摩耗しても、離型効果のあるふっ素樹脂の層が残るため、くっつきを防ぐ効果が長く持続。この例では2か月ごとのメンテナンスで済み、コストと作業時間の削減となりました。
※個別の条件により耐久性や効果等は異なります。


搬送工程の採用例     ・粘着フィルム搬送工程 ・ラベル搬送工程 ・接着剤塗布後の製品搬送工程
           ・CFRP プリプレグ搬送工程 ・各種ゴム製品搬送工程

<< 解決ストーリー一覧ページに戻る

Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.