事例ピックアップ
ポリエチレンラミネート加工紙の接着糊のシュート付着防止

ポリエチレンラミネート加工紙の接着糊のシュート付着防止
※画像はイメージです

表面処理の目的:
品質・稼働安定化 作業ロス削減

求められる機能:
非粘着・離型性 摺動・滑り 耐摩耗性

改善した設備・工程:
接着 搬送


 

解決したかったお悩み、実現したかったこと

表面をポリエチレンなどの樹脂でラミネートする加工紙は、牛乳パックなどにも利用されるものです。
ラミネート加工紙の製造には接着工程があり、紙の搬送時に、はみ出た接着糊が搬送シュートに付着。徐々に接着糊のカスがたまって固着していました。
固着したものが製品に再付着すると不良になってしまうため、シュートの清掃を頻繁に行う必要がありました。

 

背景/処理を選ぶ条件

お客様では海外製の装置を使用されており、導入時より、搬送部には表面処理がされていました。
確認したところフッ素樹脂加工が施されていましたが、紙からはみ出た接着剤のカスがくっついて固着し、製品のすべり性を悪くしていました。
通常のフッ素樹脂加工で付着が起きていたため、当社は独自の凸面形成により紙との接触面積を低減できる「スーパーTPコーティング」をご提案しました。

 

採用された処理

 

実現できた効果

このコーティングでは凹凸をすべてフッ素樹脂で形成することで、すべりや付着防止性が大変よくなり、接着糊の付着防止に成功。しかも滑らかな凸面で、ラミネート加工紙に傷をつけることなくスムーズな搬送を実現しました。
結果として清掃の手間が減り、製品不良の軽減と生産効率アップの両方を実現しました。


そのほかの事例を探す


株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ