事例ピックアップ
搬送型からのゴム(タイヤ)の離型を改善したコーティング

搬送型からのゴム(タイヤ)の離型を改善したコーティング
※画像はイメージです

表面処理の目的:
品質・稼働安定化 スピードアップ 安全性・環境要求対応

求められる機能:
非粘着・離型性

改善した設備・工程:
搬送


 

解決したかったお悩み、実現したかったこと

タイヤ製造の搬送工程で使用するドーナツ形状のゴムを搬送用の型から外す際、ゴムがくっついてうまく外れませんでした。
これによりライン停止トラブルが頻発し、生産効率が落ちていました。
解決策として通常のテフロンTMコーティングを試したところ、コーティング表面が平滑でつるっとしているため、固まりきる前の軟らかいゴムは吸盤のようにくっつき、効果がありませんでした。

 

背景/処理を選ぶ条件

離型性に優れるシリコーンコーティングやシリコーン離型剤では、シリコーンが製品に転写し、後工程のゴム貼り合わせ工程で接着を阻害してしまう問題があり使用できず、シリコーンフリーでの離型コーティングが求められました。

 

採用された処理

 

実現できた効果

「スーパーTPコーティング」は、コーティング表面が半球状の凸面になっています。これによりコーティングとタイヤとの接触面積が減り、問題となっていたくっつきが解消されました。
また、シリコーンコーティングとは違い転写がないので、後工程にも影響を及ぼしません。
スムーズに脱型できるようになったことでライン停止もなくなり、結果として生産効率が向上。より多くのタイヤの生産が可能になりました。


そのほかの事例を探す


株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ