事例ピックアップ
バキュームノズル内面へのゴム成形品のバリ付着防止

バキュームノズル内面へのゴム成形品のバリ付着防止
※画像はイメージです

表面処理の目的:
品質・稼働安定化 作業ロス低減

求められる機能:
非粘着・離型性 摺動・滑り

改善した設備・工程:
成形


 

解決したかったお悩み、実現したかったこと

Oリングなどのゴム製品を成形する際に、製品のまわりに付いているバリを除去する工程があります。
バリは簡単に製品からちぎれるため、バキュームノズルで吸い込んでバリの除去を行います。
ところが成形したばかりの製品は柔らかく、粘着性があるためノズルの内面に張りついてしまい、詰まりを起こすため、都度ラインを止めてからノズルを外して清掃する必要があり、作業効率や生産性を低下させていました。

 

背景/処理を選ぶ条件

適切なコーティング選定のため、ゴムを実際のテストピースに貼りつけて試験することをご提案し、当初は非粘着性に優れるフッ素樹脂コーティングをテストしました。
実際にゴムを付けたりはがしたりすると、フッ素樹脂コーティング表面に若干の張りつきが見られ、何回かテストを繰り返すと、そこを起点にどんどん張りつきがひどくなることがわかりました。
そこで、ゴムの成形で使用される離型剤に匹敵する離型性のある「MRSコーティング」をご提案しました。

 

採用された処理

 

実現できた効果

テストピースで試験したところ張りつきが起きず、実際のノズルでのテストを開始しました。
するとバリの付着がなくなり、除去作業によるライン停止時間が解消。生産効率の向上に成功しました。


そのほかの事例を探す


株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ