事例ピックアップ
オムツの搬送時にロールに付着する接着剤の清掃性をアップ


※画像はイメージです

表面処理の目的:
スピードアップ 品質・稼働安定化 作業ロス低減

求められる機能:
非粘着・離型性 耐摩耗性


 

解決したかったお悩み、実現したかったこと

オムツや生理用品は、紙をホットメルト接着剤で貼り合わせて製造します。その貼り合わせ工程の搬送装置では、塗布した接着剤が搬送用のロールに付着すると、製品に移ったり混入したりして不良品となる恐れがあります。そのため、接着剤を定期的に除去する必要があります。
これまでも、搬送ロールにふっ素樹脂コーティングを加工していましたが、半硬化(生乾き)の接着剤に対しては思ったより清掃性が良くないため、接着剤が完全に硬化してから清掃(除去)していました。しかし、清掃時間を短縮して生産スピードを上げるために、半硬化の状態で搬送をおこないたいというご要望がありました。

 

背景/処理を選ぶ条件

半硬化の接着剤のような高粘度の粘着物を離型できるように、シリコーン系の処理を検討しました。
また、生産現場の騒音防止や設備の軽量化のため、金属ロールからカーボンロールへ材質を変更されており、再加工を含めてカーボン素材に加工できる処理をご提案しました。

 

採用された処理

 

実現できた効果

「スーパーCTT」の離型効果により、半硬化状態のホットメルト接着剤が付着することなく搬送されるようになり、清掃の回数を減らすことができました。
清掃時間が短縮され、結果的に生産性が向上されました。


そのほかの事例を探す


株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ