事例ピックアップ
ラベル糊面の台へのくっつきを解消 、ロボットで吸着・搬送が可能に

ラベル糊面の台へのくっつきを解消 、ロボットで吸着・搬送が可能に
※画像はイメージです

表面処理の目的:
品質・稼働安定化 スピードアップ

求められる機能:
非粘着・離型性

改善した設備・工程:
搬送


 

解決したかったお悩み、実現したかったこと

製品ラベルを貼りつける自動ラインではロボットがラベルを吸着して製品に貼りつける作業を行います。ラベルは一度、剥離紙から剥がされ吸着しやすいように台の上に置かれますが、ラベルの粘着具合やサイズによって、置台に貼りついてしまい上手く吸着できないトラブルが発生しました。また置台へのくっつきを防止するために離型剤などを使用するとラベルの粘着が弱くなり製品から取れてしまう危険もありました。

 

背景/処理を選ぶ条件

ラベルやシールのように粘着性の高い場合、フッ素コーティングなどではうまく剥がれないことがあります。その場合、より離型効果のあるシリコーンコーティングを使用しますが、シリコーンは相手材に転写する性質があり、ラベルのサイズが小さいとラベルの粘着力が低下し、製品からはがれるトラブルが起きる可能性があるため採用できませんでした。そこで、相手材への転写の心配がなく、ラベルのくっつきを防ぐことのできるコーティングが求められました。

 

採用された処理

 

実現できた効果

「スーパーTP」は、フッ素樹脂のみで凹凸面を形成することができるコーティングです。フッ素樹脂の離型性と、凹凸による接触面積の低減により、ラベルへの悪影響がなく、置台へのくっつきを防止することに成功。ロボットの吸着パットでもスムーズにラベルの搬送が行えるようになり、搬送トラブルを解決することができました。


そのほかの事例を探す


株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ