事例ピックアップ
リチウムイオンバッテリー用OPPテープをバキュームする吸着パッドの離型性を改善

リチウムイオンバッテリー用OPPテープをバキュームする吸着パッドの離型性を改善
※画像はイメージです

表面処理の目的:
品質・稼働安定化 作業ロス低減

求められる機能:
非粘着・離型性

改善した設備・工程:
搬送 切断


 

解決したかったお悩み、実現したかったこと

リチウムイオンバッテリーの製造に使用されるOPPテープをカットする設備では、テープが動かないように粘着面を吸着パッドにバキュームし、フィルム面をゴムシートで押さえてカットします。
吸着パッドにテープの粘着面が張りついて取れなくなるとラインが停止してしまうため、吸着パッドの表面には、離型性を高めるための表面処理がされていました。しかし、この表面処理は10日ほどで離型効果がなくなって再加工が必要となり、この再加工にかかる期間のほうが離型効果の持続期間より長いため、吸着パッドを実際の稼働数に対して多めに用意しなければなりませんでした。

 

背景/処理を選ぶ条件

テープの粘着面に対する離型効果に加えて、その効果の持続性にも優れた表面処理を探していました。また、付着した粘着剤を落とすために吸着パッドを洗浄すると、表面処理効果まで失われてしまうことも問題になっていました。

 

採用された処理

 

実現できた効果

粘着テープのようなべたつくものに対しても離型性に優れる「ナノプロセス® TLSシリーズ」や「MRSコーティング」が候補に挙がり、洗浄しても効果が持続する6種類の表面処理をご提案しました。
なかでも基材の表面粗さを調整した「ナノプロセス® TLS-200」は、IPA (イソプロピルアルコール)を使用して洗浄しても離型性を失いませんでした。離型効果とその持続性を両立できたことで、従来の表面処理に比べて3~4倍の期間、続けて使用することができました。
その後も何度かテストを行い、正式にご採用いただき、現在では問題なく稼働しています。


そのほかの事例を探す


株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ