事例ピックアップ
ディップ塗装重機のアームへの塗料のこびりつきを軽減


※画像はイメージです

表面処理の目的:
作業ロス低減

求められる機能:
非粘着・離型性 長寿命


 

解決したかったお悩み、実現したかったこと

重機パーツの表面塗装に使う機械のメンテナンスに、大きな作業負荷がかかっていました。その作業とは、ディップ(浸漬)塗装機のアームにこびりついた樹脂塗料を、定期的に取り除くというもの。
機械1台につき、作業者2人で取り組んで半日以上もかかる作業で、このために丸1日、生産がストップする場合さえあるとのことでした。

 

背景/処理を選ぶ条件

樹脂塗料のこびりつきを防ぐとともに、付着しても除去しやすくするための処理が求められました。
また、その後の稼働やメンテナンスにも耐えうる、コーティング自体の持ち(耐久性)も重要でした。

 

採用された処理

 

実現できた効果

ふっ素樹脂のなかでも溶融樹脂が粘着しにくいとされるグレードを中心に、機能テストを重ねながら開発。さらに処理方法には、コーティングの前に下地処理をおこなう方式を選びました。下地処理を施すことで、コーティングの基材への密着を良くし、過酷な製造現場におけるコーティングの耐久性を確保したのです。
採用後、アームにこびりつく樹脂塗料の量がいちじるしく減り、塗料をはがす作業負荷も軽減されました。これまでは電動ヘラを使っていたのに対し、ゴムヘラやハサミによる手作業で取り除くことが可能に。しかも、作業者2人で半日以上かかっていた作業時間が、60分にまで短縮。現場の生産効率を上げることに成功しました。


そのほかの事例を探す


株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.
株式会社 吉田SKT
〒451-0062 愛知県名古屋市西区花の木一丁目12番20号
TEL:052-524-5211 / FAX:052-524-5287
Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.

ページトップへ